ウェアという選手のプレー

95-96シーズンにバッジオとサビチェビッチ以上の活動を示した男は、「リベリアの怪物男」と呼ばれているジョージ・ウェアです。

ウェアがバッジオ(ユベントスからのパリSG)から出会った95-96シーズンのミラノでは、ゴールとウェアのバレージのゴールで2-1とパドヴァを破って、出発しました。
ウェアの恐怖は、タフな身体的能力(身体的な)だけでなくあります。
ユベントスとのゲーム、ワンツーにおいて逃げるとき、右を置く離れて味がある技術が洗練されたタイミングにおいて静かに一緒に歩いて、1へのゴールキーパーと1になることを示してください。
そして、 ...

ラツィオとのゲーム、「パスを通してのもの」で見事な瞬間的な大国で支えられる「幻想」を示しました。
結局、そのようなウェアの伝説的な素晴らしいプレーといえば、それはこれです!
それは、96-97シーズンのセリエA開幕戦で見せた80mの決定的ドリブルからのゴールです。
これは自陣のペナルティーエリアからのドリブルの距離になっています。
こんな長い距離をドリブルで駆け抜けるというのはかなりすごいことです。
このカウンターでドリブルするという事は、自分に相当な自信がないと無理ですからね!

copyright(C)スーパーゴール!